工法&断熱
スーパーウォール工法

それは北国のための工法です!
木造軸組工法をベースに、高性能SWパネルをプラスした、高耐震、高断熱住宅です。冷暖房や計画換気を組み込んで、部屋ごとの不快な温度差をなくし、住まいの快適性を大きく向上させます。

スーパーウォール工法とは?
抗酸化工法

いきいき健康回復住宅。心と体を築く大切なあなたの住まいに、抗酸化工法を取り入れ空気がキレイで済むだけで健康になれる「健康回復住宅」にしてみませんか?

抗酸化工法はこちら
2X4工法

構造用製材で作った枠組みに構造用合板を貼りつけた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。軸組み工法は「柱」や「梁」等を点で結合するのに対し2X4・2X6工法は「面」と「線」により6面体で、建物を支えているわけです。

2X4工法はこちら
外張断熱工法

住まいを柱の外側からすっぽりと全体を包んで断熱するのが外張り断熱工法です。
断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。

外張断熱工法とは
鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)住宅は柱や梁などに鉄筋の入ったコンクリートを用いた住宅をいいます。一般的にRC造住宅は、マンションやビルなどの中高層の建物に多くみられる構造ですが、近年その性能やデザイン性などで一般住宅でも多くのRC造住宅が建てられています。

鉄筋コンクリート造りについて
鉄骨造

鉄骨構造は、高強度鉄骨の鋼材を、溶接または高力ボルトで接合して造る。一般的にラーメン構造の建物が多く、大開口、大スパンの建物を造ることができる。鉄骨は加熱に対し急速に構造強度を低下させることから、耐火建築物を造るためには耐火被覆が必要となる場合もある。

鉄骨造りについて