工法&断熱

コンクリートと鉄筋のメリットを一体化させたものが鉄筋コンクリート(RC)造りです。 建物の頑丈さ、安定感、耐久性、耐震性、耐火性が長所です。 しかし構造自体が重くなるため、基礎工事に手間と時間がかかり、工期も長く、コストも割高です。 また、吸湿性の悪さも気になります。

メリット
  • 壁式はスペースが広く取れる
  • ラーメン構造は開口部が大きく取れる
  • 2つの素材の短所を補った丈夫な造り
  • 間取りの自由度が高い
  • 耐火性能が良い
デメリット
  • 増改築が困難
  • コストがかかる
  • コンクリートの中性化に注意が必要
  • 重量があるため、地盤に注意が必要
  • コンクリートの質にばらつきが出やすい

種類には、柱と梁の代わりに耐力壁で建物の荷重を支える「壁式構造」と、柱と梁の結合部を変形しにくい剛接合にして柱と梁で建物の荷重を支える「ラーメン構造」がある。なお、戸建て住宅には、柱形や梁形がない壁式構造が適している。

ラーメン構造とは。
「剛接骨組構造」や「剛接架構」とも呼ばれ、建物の構造躯体の種類の一つで、柱や梁といった部材同士が剛接合され、水平方向の外力などに対抗できる強い骨組を形成している建築構造のことをいう。また、剛接合とは、部材の接合部が完全に固定されており、水平方向の力が掛かっても接合部が回転・変形しないことを指す。ちなみに、ラーメン(rahmen)とは、ドイツ語で「枠、額縁」といった意味。
壁式構造とは。
柱と梁の代わりに耐力壁で建物(躯体)の荷重を支える構造のことをいう。これは、耐力壁や床などの平面的な構造材を組み合わせた柱を持たない箱状となっており、また壁と床が接合される構造のため、軸組構造と比べてコストが低く強固だと言われる。また、板状の薄い壁梁は付くが、柱や梁型が室内に出っ張らないため、すっきりした室内空間ができる。その一方で、構造上ある程度の壁量が必要なため、ラーメン構造に比べて開口部の取り方が限定されやすい。